豊橋技術科学大学

日常における人同士の何気ない興隆の中で交わされる小さな気づかない「社会的刺激」。それらを観測、分析するシステムを構築し、実際の街中や環境においてロボットがそれを用いることで何が起こるかを明らかにする「ヒト対ロボットのコミュニケーション」の研究をされている豊橋技術科学大学助教、日本ロボット学会所属、林様にお話を伺いました。3DプリントサービスのPA12を利用し、ロボットの見た目が洗練された事で、研究の幅が広がった事例についてご紹介致します。

プロフィール

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

林 宏太郎(はやし こうたろう)
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
行動知能システム学研究室 | 三浦研究室
ジェミノイドを開発した石黒教授のもと大阪大学卒業後、奈良先端科学技術大学院大学で博士号を取得。在学中よりATR(国際電気通信基礎技術研究所)でHRI(ヒューマンロボットインタラクション)の研究を開始。その後東京農工大学で特任教授としてロボット設計の研究を行い、現在豊橋技術科学大学において機械学習なども用いた社会的刺激の研究を行っている。

川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)
DMM.make 3Dプリント部門部長。メーカーで製品企画から外装設計、電子回路設計、コーディングとマルチエンジニアとして勤務し、数々の商品を世に送り出した経歴をもつ。3Dプリントを利用した設計製造に新たな可能性を感じDMMに入社しシニアエンジニアを務めた後にサービスデザインの統括責任者となる。

DMM.make 3Dプリント 筧 春輝(かけひ はるき)

筧 春輝(かけひ はるき)
DMM.make 3Dプリント事業部 チーフモデラー。 大学卒業後DMMに入社し、3Dプリントサービス発足初期よりメンバーとして携わる。 現在は3Dプリント技術のマルチエンジニアとして、各種3Dプリンターのオペレーションをはじめ、3Dプリントのコンサルティングや3Dデータ作成などの業務に従事。

ヒト対ロボット、ロボットのベストなデザインについて研究

川岸:
DMMの川岸と申します。

筧:
同じくDMMの筧と申します。よろしくお願いします。

林様:
よろしくお願いします。

— どのような研究をされているのかをお聞かせください。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

林様:
豊橋技術科学大学でロボットと人のコミュニケーションについて研究をしております。

人とロボットがコミュニケーションする際に、ロボットはどういうデザインでないといけないかという事について、認知科学の分野から情報を引っ張ってきて、それをロボットに実装してみて、人同士のコミュニケーションがロボットでも通用するかを研究しています。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

川岸:
コグニティブ(Cognitive)分野というところで、ハードの部分もソフトの部分も含めて研究されているという事でしょうか?

林様:
既存のモノを可能な限り買うようにはしているのですが、ないモノが大変多いので、そこは自分で作るようにしています。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

川岸:
ソフトの部分では、どういったことをされているのでしょうか?

林様:
ソフトの部分では、ロボットを実際にセンシングした結果を反映して動かすのを、一般的なロボットオペレーティングシステム(ROS)というミドルウエアを使って、開発しています。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

川岸:
Pepperのように人型のロボットや、GROOVE Xが作っているペット型のロボットもあると思いますが、対ヒトとしてコミュニケーションが出来るロボットを作っているのでしょうか?

林様:
どちらかというと、対ヒトとしてのコミュニケーションの理想像はアンドロイドになってしまいますが、そこまで要らないというか、その格好はむしろこのタスクでは使えないという事も多いです。

例えば、工場の現場で一緒に働いたり。一体、どれぐらいの人らしさを保持すべきかはまるで研究は進んでいない状態なので。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

川岸:
そうなると、見極めが行えるロボットについての研究をされているというイメージでしょうか?

林様:
そうですね。例えば、本当は必要ないと思ってオミットした機能が実は、もの凄く重要だったということが有り得ると思いますので。

そうなると、オミットしたことで、ロボットはあまり使えないという変な評価になるのは避けたいので、どういうものが要るかを認知科学の知見などを利用しつつ、実装したり、付けたり足したりしていくことをしています。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

筧:
こちらのお写真にあるロボットはどういう用途で使われるモノでしょうか?

作業ロボットは「目」があることによって作業効率が向上する可能性

林様:
大雑把に人らしさが影響するモノを社会的刺激と呼びますが、社会的刺激で一番インパクトが大きいのは「目」だろうということになりまして。「目」が与える影響から研究していこうと、今はなっています。腕を足したりはしていますが。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介

林様:
最近、流行りつつありますが、工場の共同作業ロボットに、実は「目」が要るのではないかという話はちらほら出ていまして。

実際に人型のロボットの目のような、あそこまで人型ではないのですが、腕のタイプのロボットに頭を付けて、目を付けてみたら、共同作業にどういう影響が出るのかという話をしようとしています。

ヒト対ロボットの最先端コミュニケーション研究、3Dプリンターで実現可能となった事例紹介



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると【全ての限定公開記事】の続きをお読みいただけます。