ビズステーション株式会社

普段から、DMM.make 3Dプリントサービスをご活用頂いている、ビズステーション株式会社の矢口様に、DMM.make 3Dプリントサービス事業部長の川岸が弊社を活用頂いた経緯など、ざっくばらんにお話頂きました。

プロフィール

矢口 尚(やぐち ひさし)
ビズステーション株式会社 代表取締役。 長野高専卒。セイコーエプソン入社。技術部にて樹脂成型や金属加工などを学ぶ。独立し、現在のビズステーション株式会社設立。 販売管理ソフトウェアの開発販売サポートを主業とするが 2017年よりコンシューマ向け、GNSS製品を販売開始。 現在はセンチメートル級GNSS販売が急成長し2本目の柱になりつつある。 強みは、ハードウェアとソフトウェアを一貫して設計製造できること。 趣味はバイクと旅行。

川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)
DMM.make 3Dプリント部門部長。メーカーで製品企画から外装設計、電子回路設計、コーディングとマルチエンジニアとして勤務し、数々の商品を世に送り出した経歴をもつ。3Dプリントを利用した設計製造に新たな可能性を感じDMMに入社しシニアエンジニアを務めた後にサービスデザインの統括責任者となる。

3Dプリント導入の決め手は「ヒケ、反りを考慮せず肉厚が取れるため」

川岸:
本日はお忙しいなか、お時間頂きありがとう御座います。 早速インタビューを始めさせて頂きます。

— まず最初に3Dプリントを活用する際に、どんな課題があったのか、DMM.make 3Dプリントを活用した目的はどのような部分だったのでしょうか?

矢口様:
比較したものとしては、射出成形や、きちんとした金型、アルミの簡易金型で5,000個くらい作成できるものという点と販売数量がどのくらいになるのかという予測で最終的に3Dプリントのほうが安いと思いました。
もともと、3Dプリントは量産には向かないと言われていましたが DMMや他企業がサービスを始めたという事で、試作品を依頼してみました。
正直、外観が射出成形とくらべてコントロールが難しいが自社製品は外観を要求する商材は多くなく3Dプリントでもいけるかなと考えました…



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。