東京大学大学院 情報理工学系研究科

普段から、DMM.make 3Dプリントサービスをご活用頂いている、東京大学情報理工学系研究科の中島様にインタビューを行いました。大型サイズの3Dプリンターの造形に対して、より細かい精度を求める声をお聞かせ頂きました。その他にも中島さまが考えるものづくり業界に対する期待値などをお話頂き、大変参考になりました。

プロフィール

中島一崇(なかしま かずたか)
東京大学大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 特任助教。国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)さきがけ 専任研究者。学生時代から一貫して3Dプリントをはじめとしたデジタルファブリケーションに関する研究に従事した経験を持つ。CG分野での世界最大の国際学会SIGGRAPHでの論文発表なども行っている。

家庭用3Dプリンターの限界と大型サイズの精度を鑑みて、外注を検討

DMM.makeプロデューサー:
さて、では早速インタビューをさせて頂きます!

— 最初に伺いたいのは、実際にどのような課題がありましたか?

中島様:
まず、回答する前に自己紹介します。 僕は2020年3月まで学生だったのですが 卒業してそのまま同じ研究室で、今は特任助教としてお世話になっております。
学生のころから、デジタル・ファブリケーション いわゆる3Dプリント関係の研究をやっていまして 論文を作成する際に、最終的な出力物は必要になってくるのですが 今までは、メーカーとしてはMakerBotのFDMタイプを研究室にいれていました。
ただ、それだと造形制度の限界を感じまして その後、Form2をいれたのですが、 Form2の様な、家庭用に分類されている3Dプリンターの場合 大きいサイズの需要に答える事が出来なくなりました。
更に、家庭用の3Dプリンターで、大きいサイズのものを作成しようとすると 造形が安定しないんです。 失敗することもあり、確実に正確なもの、精度の高いものを出すためには外注するのが早いと思いました

DMM.makeプロデューサー:
精度的な要件としては、より細かいもののほうが望ましいですか?

中島様:
はい、以前に発表した論文の研究のアーカイブとして発注させて頂きました。
研究内容としては、こちらをご確認頂ければと思います!
※URL:http://visualcomputing.ist.ac.at/publications/2018/CoreCavity/
樹脂造形物のような写真が映っていると思いますが これ全部型で作っています。

DMM.makeプロデューサー:
なるほど!

中島様:
型を3Dプリントして、その型にレジン流し込んで固めているので 造形物を作るための型を3Dプリントしているので
相当な精度が必要になってくるというのがあって
特に、今回は発注したって経緯もあります。
これISTオーストリアっていう海外の研究機関にインターンでお世話になっている時に メインでやっていた研究なんですが、研究機関が
ストラタシスのJ750というインクジェットの3Dプリンターを持っていて それを利用した実績が、僕個人としてはありました。
その後、国内で探している中 J750を扱っているという事を、明確に打ち出しているのが DMM.makeくらいでした。

DMM.makeプロデューサー:
だからJ750を使って、色々行っていたのですね。

中島様:
他の業者さんも見比べたんですが 機種名や、素材名を明確に記載してくれているところが少なくて それでいて、DMMっていう大手の安心感があって それで、お願いしたって感じですね。

DMM.makeプロデューサー:
型で作っているのですね。

中島様:
URLの下のほうにyoutubeの動画があるのですが 冒頭部分(19秒~)に、白いのがくっついて、射出成形していると思いますが その白い型は、オーストリアの研究機関がもっていたJ750でプリントした型を利用していますね。
コチラは共同研究で実施していたので 型の現物はオーストリアにおいてきています。
日本でやるためには、手元に型がないと紹介しにくい状況がありました。

DMM.makeプロデューサー:
あとで、ゆっくり拝見させて頂きますね!
では次に課題解決するのに、具体的に検討した事はなんでしょうか?
先ほど、概ねお聞かせ頂いたのでより具体的に
機械を持っているところが明確なところというのが重要要件という事かとは思いますが 他にあれば、お願いいたします。

中島様:
実際にやった内容としては、既に持っていたForm2で事足りるのか スペックとかを出してみて、性能を確認し
実際にやってみた結果、やりたい事が出来ないという事がわかったので外注した感じですね
で、外注先の選定としてDMMは J750でプリントする事が明確に記載が合ったことが大きかったですね。

DMM.makeプロデューサー:
装置が明確である事が、キーポイントですか?

中島様:
かなり重要なポイントです。

DMM.makeプロデューサー:
ありがとう御座います。 他に重要なポイントはあったりしますか?

中島様:
んー、実際にやってみて、ありがたかった事は
DMM担当からのレスが非常に早く 事務処理的な煩わしさが凄く少なった事が非常にありがたかったですよね。
業界にもよりますが、僕の場合、大学の予算を利用させて頂いている為 大学からの確認があった際に、DMM側のレスが早いというのは 凄くありがたいですね。笑

DMM.makeプロデューサー:
ありがとう御座います。笑 ちなみに継続されて、活用された理由はありますか?

中島様:
そうですね、手続きがスムーズに進む事が やっぱり研究者にとってストレスなくできるので 発注ハードルが低くなりますよね。
わざわざ他で進めるよりは、スムーズにいったし、納期も早かったし、クオリティも問題なかったし、じゃあDMMさんにするかってなりましたね。笑
ちなみに、web上に記載されている納期よりも、だいたい早くなるケースが多いので、驚いています。笑

DMM.makeプロデューサー:
機械の空き状況に依存してしまうのですが、基本はワーストケースとして 記載させて頂いているので、場合によってはすぐできるケースもありますね!
では次に、進みます。

— ものづくり業界の技術に期待している事はありますか?

中島様:
僕自身が、技術をつくる側なので、なんともいえないですが アーティストさん、中でもフィギュアを作っている人とよく話しているのですが 複製をする時は、業者に出す事もありますが 家庭用の3Dプリンターで出す事も多々あるようです。
ただ、それだと各個人の3Dプリンタのチューニングに相当依存するらしいので 家庭用の3Dプリントのクオリティの底上げという方向もあるとは思いますが DMMのような3Dプリントのオンデマンドのサービスが 何かしらの方法でもっと金額を抑える事ができれば もっとものづくりが業界全体として活発化するのではないかと思っております!
技術的な話だと 3Dモデルの作成自体が、相当人力なので その部分が、アルゴリズム、プログラムを活用して楽になり ものづくり全体の裾野が広がればよいなと思っております!

DMM.makeプロデューサー:
値段の部分は、生産能力が高くない機械なので 材料使用量が高まらないですよね。

中島様:
3Dプリンター自体が、1点ものの技術ですもんね。

DMM.makeプロデューサー:
そうなんですが、生産スピードが上っているものもあるので 使う材料の量に比例して値段も落ちてくるのではないかと思っております。

中島様:
あぁ、もっとオーダーが入ればという事ですかね?

DMM.makeプロデューサー:
そうです!そうなると、僕らだけでなく、他の企業さんも同じように大量に材料をつかう事になるので、そうなればなるほど、コスト低減になりますね。

中島様:
2年~3年の話じゃないですよね?笑

DMM.makeプロデューサー:
そうですね。笑

中島様:
そういう意味では、すぐに値段をさげようとする場合は 僕らのような、技術側が、支援するような技術を作ったほうが、早いかもですね。笑

DMM.makeプロデューサー:
ありがとう御座いました。笑 本日は、ありがとう御座いました。また引き続きよろしくお願いします!



今回インタビューをさせて頂き、大型サイズの3Dプリンターの造形に対して、より細かい精度を求める声をお聞かせ頂きました。その他にも中島さまが考えるものづくり業界に対する期待値などをお話頂き、大変参考になりました。

3Dプリンターの導入についてなどご質問・ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。