東京大学大学院 情報理工学系研究科

普段から、DMM.make 3Dプリントサービスをご活用頂いている、東京大学情報理工学系研究科の中島様にインタビューを行いました。大型サイズの3Dプリンターの造形に対して、より細かい精度を求める声をお聞かせ頂きました。その他にも中島さまが考えるものづくり業界に対する期待値などをお話頂き、大変参考になりました。

プロフィール

中島一崇(なかしま かずたか)
東京大学大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 特任助教。国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)さきがけ 専任研究者。学生時代から一貫して3Dプリントをはじめとしたデジタルファブリケーションに関する研究に従事した経験を持つ。CG分野での世界最大の国際学会SIGGRAPHでの論文発表なども行っている。

川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)
DMM.make 3Dプリント部門部長。メーカーで製品企画から外装設計、電子回路設計、コーディングとマルチエンジニアとして勤務し、数々の商品を世に送り出した経歴をもつ。3Dプリントを利用した設計製造に新たな可能性を感じDMMに入社しシニアエンジニアを務めた後にサービスデザインの統括責任者となる。

家庭用3Dプリンターの限界と大型サイズの精度を鑑みて、外注を検討

川岸:
さて、では早速インタビューをさせて頂きます!

— 最初に伺いたいのは、実際にどのような課題がありましたか?

中島様:
まず、回答する前に自己紹介します。 僕は2020年3月まで学生だったのですが 卒業してそのまま同じ研究室で、今は特任助教としてお世話になっております。
学生のころから、デジタル・ファブリケーション いわゆる3Dプリント関係の研究をやっていまして 論文を作成する際に、最終的な出力物は必要になってくるのですが 今までは、メーカーとしてはMakerBotのFDMタイプを研究室にいれていました。
ただ、それだと造形制度の限界を感じまして その後、Form2をいれたのですが、 Form2の様な、家庭用に分類されている3Dプリンターの場合 大きいサイズの需要に答える事が出来なくなりました。
更に、家庭用の3Dプリンターで、大きいサイズのものを作成しようとすると 造形が安定しないんです。 失敗することもあり、確実に正確なもの、精度の高いものを出すためには外注するのが早いと思いました …



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。