最終製品として使用可能の高クオリティを実現し、低コストなマスプロダクションサービスを採用したきっかけについてお話を伺いました。

プロフィール

山崎勇祐(やまざき ゆうすけ)
東京工業大学工学部機械科卒、同大学院博士課程。Hapbeatの前身となる装着型体感音響装置を修士研究で発明し、多数の触力覚系、VR系。特に2016年夏に開催された力触覚系の主要な国際会議EuroHaptics2016の国際会議で発表を行うではベストデモ賞を受賞し、学術的に高い評価を得る。新しい機構や活用法を生み出すことが得意であり、今日まで様々なプロトタイプやデモの開発改良を行う。

川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)
DMM.make 3Dプリント部門部長。メーカーで製品企画から外装設計、電子回路設計、コーディングとマルチエンジニアとして勤務し、数々の商品を世に送り出した経歴をもつ。3Dプリントを利用した設計製造に新たな可能性を感じDMMに入社しシニアエンジニアを務めた後にサービスデザインの統括責任者となる。

最終製品として使用可能の高クオリティを実現!低コストなマスプロダクションサービスを採用!

川岸:
お久しぶりです。DMMの川岸です。

山崎様:
お久しぶりです。

川岸:
最近はHapbeatの改良とかありましたか?

山崎様:
基本的には前に発注したままです!

川岸:
Hapbeat評判はどうですか?

山崎様:
買っていただいた方には満足していただいてると思います。

Hapbeatはこちら▼

※Hapbeatとは音の振
動を体に直接伝えることで、普段聞く音楽をライブ会場やクラブハウスで感じるような迫力と臨場感を体感できるネックレス型ウェアラブルデバイスです。
Hapbeatこちらから購入できます

川岸:
ではでは早速ですがインタビュー始めさせていただきますね。

— はじめに弊社のサービスをご活用頂いた目的やどんな課題を感じていたのかを伺えればと思っております。

山崎様:
100個〜1000台で量産する丁度良い方法が見つからなかったというのが課題でした。というのも、一般的な家庭用3Dプリンターでも100〜200個くらいは…



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。