国内初のスマホでつくる3Dプリンタ製オーダーメイドインソールを販売している株式会社ジャパンヘルスケアの山川様にお話を伺いました!これまで職人や技術者がいなければ作れなかったような複雑な形状を持つインソール、製品開発の課題を解決する為にDMM.makeにご相談頂きました。

プロフィール

山川 喜正 (やまかわ よしまさ)
株式会社ジャパンヘルスケア デザイナー。フリーランス、IT広告代理店、海外勤務を通して新規事業立ち上げ、WEB/アプリなどのデザイン、ディレクター、PRなど幅広く従事した後、全く異業種である製品開発、ヘルスケアに興味を持ちジャパンヘルスケアへ入社。主力商品のインソールの設計開発、デザインに深く携わる。

川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)
DMM.make 3Dプリント部門部長。メーカーで製品企画から外装設計、電子回路設計、コーディングとマルチエンジニアとして勤務し、数々の商品を世に送り出した経歴をもつ。3Dプリントを利用した設計製造に新たな可能性を感じDMMに入社しシニアエンジニアを務めた後にサービスデザインの統括責任者となる。

AIによる写真解析と3Dプリンターを使ったオーダーメイドインソール開発

川岸:
お久しぶりです。オーダーメイドのインソールのリリースして最近はどうですか?

山川様:
ビジネス向け企業向けに関しては好調に進んでいるところですね。個人向けの方はリリースしたばかりですが、さらに改良を進めて、これで行けそうだという段階で本腰を入れて加速させて行こうと思ってます。製品の開発も順調に進んでいます。

川岸:
そうですか!よかったです。

山川様:
色々とご協力いただいてありがとうございます。

川岸:
こちらこそありがとうございます。

オーダーメイドインソール
※写真からデータを解析して作られたオーダーメイドインソール

川岸:
それではインタビューの方を開始したいと思います。

— まずは3Dプリンターを活用する前に、どんなビジネス課題をお持ちだったかをお聞かせいただければと思います。

山川様:
一番の課題は、私たちがつくるようなオーダーメイドのインソールは、欧米だと一般的に処方されているのですが、日本だと認知度が極めて低いことです。
処方している病院も少ないのが現状です。…



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。