株式会社OSMインターナショナル

株式会社OSMインターナショナルの登坂様にお話を伺いました!OSM International様はプロ野球チームの3人の選手のデータの作成の依頼を受けた事が、お取引の始まりでした。クオリティに対し、課題を抱えている事はお話をする中ですぐに把握できた為、課題を解決するようご提案させて頂きました。その後は長くご利用頂いております。

プロフィール

株式会社OSMインターナショナル 登坂友紀(とさか ゆうき)

登坂友紀(とさか ゆうき)
株式会社OSMインターナショナル マーケティングマネージャー。 1989年生まれ、山形県出身。 ニューヨーク州立大学スポーツビジネス学部卒業。 商品企画、生産管理、プロモーションなどの業務を行う。

DMM.make 3Dプリント 川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)

川岸 孝輔(かわぎし こうすけ)
DMM.make 3Dプリント部門部長。メーカーで製品企画から外装設計、電子回路設計、コーディングとマルチエンジニアとして勤務し、数々の商品を世に送り出した経歴をもつ。3Dプリントを利用した設計製造に新たな可能性を感じDMMに入社しシニアエンジニアを務めた後にサービスデザインの統括責任者となる。

ボブルヘッド人形のクオリティ向上の為 3Dプリンターの技術を活用

川岸:
本日はよろしくお願いします。 では、早速質問をさせて頂きます。

— 御社で3Dプリントを活用される際、社内でどんな課題があり、3Dプリントの活用に至ったのでしょうか?

登坂様:
弊社の事業の1つで「ボブルヘッド人形」というプロ野球選手の首振り人形を作る事業があり、2010年頃から作成しております。
人形を製造するにあたり、以前は、顔写真(正面のカット)1枚から選手本人に似るように、造形をしていました。なかなか、写真1枚から製造するという事でご本人様に似せるのが難しい状況でした。チームやファンから「ちょっと、これ、似ているの?」という声が上っており、それ自体を課題に感じておりました。
その課題を、どう解決すべきかという事を、社内で協議する中で 3Dプリンターを活用して、モノを造形するという技術を知り ボブルヘッド事業に活用できるのではないかと思い、DMMの3Dプリンターの話を聞いてみる事になりました…

ボブルヘッド人形
※ボブルヘッド人形


この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。