Sandwich Inc.

Sandwich様には、アート作品のエディションワーク版の作成において当サービスをご利用いただいております。今回はSandwich Inc.主宰の名和様にDMM.make 3Dプリンター活用についてお話いただきました。

プロフィール

Sandwich Inc. 名和 晃平(なわ こうへい)
photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

名和 晃平(なわ こうへい)
彫刻家 / Sandwich Inc.主宰 / 京都芸術大学教授 1975年大阪生まれ、京都を拠点に活動。 2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「Sandwich」を立ち上げる。
独自の「PixCell」という概念を軸に、様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。近年は建築や舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。2018年、フランス・ルーヴル美術館にて彫刻作品“Throne”を特別展示。2015年以降、ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働によるパフォーマンス作品“VESSEL”を国内外で公演中。

DMM.make 3Dプリント 筧 春輝(かけひ はるき)

筧 春輝(かけひ はるき)
DMM.make 3Dプリント事業部 チーフモデラー。 大学卒業後DMMに入社し、3Dプリントサービス発足初期よりメンバーとして携わる。 現在は3Dプリント技術のマルチエンジニアとして、各種3Dプリンターのオペレーションをはじめ、3Dプリントのコンサルティングや3Dデータ作成などの業務に従事。

クオリティを突き詰め、安定的に稼働できるプラットフォームを求め、DMM.makeを検討

筧:
本日は、よろしくお願い致します。 では、早速インタビューを始めさせて頂きます。 御社ではどのように3Dプリンターを活用いただいていますか?

Throne (Gold_2019)
2019
mixed media
photo : Nobutada OMOTE|Sandwich
© Kohei NAWA|Sandwich

Throne (Gold_2019)
2019
mixed media
photo : Nobutada OMOTE|Sandwich
© Kohei NAWA|Sandwich

名和様:
大学在学中に造形会社でアルバイトをしていた際は、まだ全てが手作業でした。
この20年で、コンピュータによる3Dモデリング等の造形技術が発達し普及しましたが、自分の関わるプロジェクトで3Dの技術を本格的に導入するようになったのは約10年前のことです。
コンセプトや造形の形状にもよりますが、最近では、精度やコストとのバランスを考慮し、3Dプリンターを活用する事例が増えています。
芸術という歴史ある分野ですから、3D技術を活用するにあたり「どの程度耐久性や精度が保たれるのか」を見極める事が重要な課題であると言えます。プランニングの段階で、その検証を行うこともあります。

筧:
ありがとう御座います。
NC加工機や3Dの技術は、以前から存在していましたが初期段階、弊社がサービスを開始する前から、導入に対して積極的に検討されていたのでしょうか?

名和様:
学生時代から3D技術を活用するアイデアは持っていたので、よくリサーチしていました。
12〜13年前から、Geomagic Freeformという3D設計ソフトウェアを使用し始めました。

筧:
なるほど。やはり、いずれにしてもコスト面に課題を感じておられるのでしょうか?

名和様:
そうですね。
皆にとっての課題だと思います。
他にも、素材そのものの強度や、彫刻の支持体として成立するのかどうかなど、判断が難しいことをいくつか経験しましたが、次第に安定する方法がわかってきたように思います。

筧:
今のお話を更に堀り下げたいのですが、DMM.makeを導入するようになった経緯をお聞かせいただけますか?

名和様:
3D造形を制作のプロセスに取り込むために、様々な試行錯誤がありました。
DMMで利用しているナイロン素材以外で、どのようなアウトプットが得られるのか興味があり、海外の企業と共同制作を試みたこともあるのですが…



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。