株式会社the design labo

建築設計・プロダクトデザインを事業とする株式会社 ザ デザインラボの板坂様・五十嵐様にお話しを伺いました。高品質で実直な製品サービスを得意とされています。金型や型枠を作るモノづくりにおいて、時間とコストの短縮や、造形できなかった形を表現するために、DMM.makeにご相談頂きました。

プロフィール

板坂 諭 (いたさか さとし)
株式会社the design labo代表取締役・h220430主宰
1978年生まれ 設計事務所勤務を経て
2010年 平成22年4月30日「h220430」始動
2012年株式会社 the design labo 設立
2014年よりフランスのエルメスと外部デザイナー契約を交わす

五十嵐 淳(いがらし あつし)
1984年生まれ 機械設計会社勤務を経て
2015年5月より株式会社the design laboにて主にプロダクト製品の詳細設計を担当

筧 春輝(かけひ はるき)
DMM.make 3Dプリント事業部 チーフモデラー。 大学卒業後DMMに入社し、3Dプリントサービス発足初期よりメンバーとして携わる。 現在は3Dプリント技術のマルチエンジニアとして、各種3Dプリンターのオペレーションをはじめ、3Dプリントのコンサルティングや3Dデータ作成などの業務に従事。

金型・型枠から3Dプリンターへの工法のシフトチェンジ

筧:
いつもご利用頂き、ありがとうございます。 本日は、御社がこれまでDMM.makeの3Dプリンターサービスをどのようご活用されているのか、伺わせて頂きたいと思いますので、宜しくお願いします。 それでは、インタビューをさせて頂きたいと思います。

–3Dプリンターを活用する前はどのようなビジネス課題があったのでしょうか?

板坂様:
当社は、一点モノの、モノづくりをしております。
3Dプリンターが出てくるまでは、型を作りながら、「型代少しでも安くなりませんか?」とか、「型、作ってみたけど、思ったらよりちょっとチープになっちゃったね」とか「もう一度、型を作り替えよう」など、そういう事を繰り返して、モノづくりをしておりました。
御社のような3Dプリンター技術をもった企業が、比較的手の届く値段の中でサービスを展開して下さっていたので、一気に作り方が変わりましたね。

筧:
では、それまでは、本当にハンドメイドのような形で、モノを作られていたのですか?

板坂様:
そうなんですよ。
一応、3DのCADデータと、JPEGのキャプチャーデータを造形師の方にお渡ししていましたが、造形師の方はJPEGのキャプチャーデータを見ながら、粘土で型を作っていましたね。
求めているモノとは、ちょっと違う場合もありましたね。
今は、出来上がったモノが悪ければ、CADデータがあるので直せば済むようになりました。 そういうもどかしさは、一気に解消されましたね。

筧:
どうしてもここは外せないという箇所は、修正をお願いした事もあるのでしょうか?

板坂様:
ありますよ。もちろん。

筧:
でも、手造形になると、時間がかかるのではないでしょうか?

板坂様:
そうなんですよ。時間もお金も。 あとは、粘土の型で出来ない形は出来なかったのですが、3Dプリンターの場合は、サポート材が支えてくれて、粘土の型では出来ない形まで出来てしまいますので、本当に変わりましたね。

筧:
今までのやり方と比べると、時間とコストの部分では、結構、変わったのでしょうか?

板坂様:
造形師の方と比べると、コストも時間も半分くらいで、DMM.makeの3Dプリンターサービスの場合、出来てしまいます。 モノにもよりますが、これまでは型を必要としたモノづくりで、型をつくる必要がなくなり圧倒的に、低コストになりましたし早くなりましたね。

建築のモノづくりで3Dプリンターを選ぶ理由

–今、おっしゃられていた課題を解決する際、3Dプリンター以外にでも、切削加工であったり、様々な製造手法がありますが、社内でどのような経緯で、3Dプリンターという結論に至ったのでしょうか?

板坂様:
CADデータ作成とか見積りの面で、DMM.makeの3Dプリンターサービスが魅力的に見えていた面がありますね。
お客様に価格を提示する時にも、他社様だと見積りが来るまで待っていなければならないのですが、DMM.makeの場合、見積りがスピーディーにかつ正確に出るので、お客様のご承認もすぐに頂けますよね。

筧:
私も、よく五十嵐様からお見積りのご依頼を頂くのですが、Webアップロードの自動見積りで、ご確認された事などもあるのでしょうか?

板坂様:
そうですね。それをやった上で、相談をさせて頂いております。
あとは、種類ですよね。
他社様は、DMM.makeのように大きな資本で、常に最新の素材や装置をどんどん揃えて、運用していくという事は、難しいでしょうから。
その辺もDMM.makeの3Dプリンターサービスを選ぶ理由にはなりますよね。

筧:
ありがとうございます。

–それでは、モノづくりに対して、今後、期待されている事はありますか?

板坂様:
当社は、建築の仕事がメインですので、規模やスケールですよね。
今の限られた台の上でしか出来ないモノではなくて、3Dプリンターの規模がもっと大きくなってくれると、私共の主でやっている事業も、もっと使えるようになるのではと思っています。

筧:
セメントの押出成形では、出始めておりますね。

板坂様:
日本は建築の先進国なんですよ。
ビルを3Dプリンターで作るようなプロジェクトに、DMM.makeがジョインなされると面白そうですよね。
世界中のビッグプロジェクトは、日本のゼネコンが入っていますから、そういった所にDMM.makeが、装置をご提供するとか、3Dプリンター出力とか面白そうですよね。 当社は、建築の仕事が多いので、そういった部分を楽しみにしております。

五十嵐様:
今、色々とご依頼させて頂いておりますのは、照明器具のカバーが比較的多いかと思います。 トゲがついているランプも、全て3Dプリンターで出力したモノを使っております。

※株式会社 ザ デザインラボでDMM.make 3Dプリントサービスで部品の一部を制作

筧:
そうですね。これは、SLS(粉末焼結積層造形)のナイロンの質感ですね。



この記事の続きは限定公開となります。
簡単なアンケートにお答えいただきパスワードを発行すると続きをお読みいただけます。